《逆流性食道炎》
逆流性食道炎とは、強い酸を含む胃の内容物が、食道に逆流して起こる食道粘膜の炎症を言います。粘膜の炎症は、硫酸などの化学薬品によって起こる化学性のやけどと同じで、軽い症状には腫れと赤みがありますが、進行すると、粘膜がはがれる食道びらんや、粘膜を通り越して食道の壁の一部が壊れる食道潰瘍を引き起こします。これに伴って、内腔が狭くなって食べ物が通りにくくなり、食道狭窄になることもあります。
本来、食道粘膜は酸に弱いため、酸の逆流が繰り返し起こると様々な症状が現れてきます。基本的な症状には、胸が焼けるような感覚である胸焼けや胸の前方の痛み、酸っぱく苦い液体が上がってくる感覚、食物の通りが悪くなるなどがあります。更に進行すると、のどの痛みや不快感、咳、痰などの症状が現れ、胃炎と共通の症状である、はき気・上腹部痛・胃もたれなどを伴うこともあります。
食道は胃に向かって食物を移動させる機能を持っていて、食道と胃の境目は逆流しないように適度に締まっています。したがって、これらの機能が低下することが、逆流性食道炎の原因となります。予防法としては食後すぐに横にならない、寝るときに上半身を少し起こすようにする、長時間力まない、ベルトをきつく締めない、便秘や肥満に気をつける、一度にたくさん食べない、油ものや香辛料、酸味の強い食品を控える、などがあります。治療には胃液の酸を低下させる薬や、逆流を抑える薬などが使われます。
[2]前頁
[0]トップページ